2019
02.02

スキー練習(湯沢高原スキー場)1/27

久しぶりに予定が空いた週末に、今季初のスキーに新潟県の湯沢高原スキー場に日帰りで行ってきました。

下の子の学校行事で「スキー教室」的なイベントが2月後半にあって、事前にしっかり練習させるのが目的です。ここ数年、子どもたちにはスノボーを勧めていたせいもあり、数年ぶりのスキーの感覚を思い出せるかが気がかりでした。

スキー教室ではレベル(経験)ごとにクラス分けをしているらしく、稚拙にもスキー経験があるので、いちおう上級クラスに所属した模様。そのため生真面目な娘さんは「上級」という言葉に少し不安がってしまい、しっかり滑れないとマズイ!と練習に気合が入っておりました。(雪国と違って都心の学校の「上級」なんて一人でリフトに乗れて、下まで滑れれさえすればOKなはずなんだけどね。)

自分がボード派というのもあり、最近の若い子はスキーよりボードだよね?というステレオタイプの思い込みも手伝ってか、娘たちも最終的にはボードに落ち着くとばかり思ってました。なので、ウィンタースポーツの入り口としてはスキーでも、慣れたらボードになるんでしょ、という凝り固まった想定でした。

ところがどっこい、ここ数年娘さんたちにスノボーをやらせるも、どうも勝手が違う。

上の子:スキー(なんとか滑れる) → スノボー(そこそこ滑れる) → 以降スノボーがお気に入り 
下の子:スキー(なんとか滑れる) → スノボー(あまり上達せず) → スキーに鞍替え

実はカミさんも下の子と同様で、10年超スノボーを一緒に滑っておりますが、最近「やっぱり、スノボー無理!」と言ってスキーに鞍替えしておりました。当然といえば当然ですが、向き不向きってあるよねと。

そんなこんなで、今のところですが我が家では
スノボー:自分と上の子
スキー:カミさんと下の子
という2分した組み合わせに落ち着きそうな感じ。

ということで湯沢に行ってきました。天気は前日から大雪だったおかげで、たっぷりな新雪を楽しめました。そのかわりちょっと天気は悪く、上の方では軽く吹雪いてちょっと寒かったです。
雪質が良かったというのもあり、体が慣れてきた後半は娘さんも楽しそうに滑っておりました。子供特有の、うまく滑るというよりほぼ直滑降的な雑な滑りでしたがw

運動後のポテチって美味しいよね。

休憩後も娘さんのハイペースに、こっちがついていけないくらいヘトヘトに。やっぱり雪質が良いと滑るのも楽しいよね。良かった良かった。

少しは自信がついたようなので、スキー教室は大丈夫かな。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



  • プロフィール

    こはなの

    こはなの中学2年、小6の姉妹と夫婦の4人家族。ゆるくキャンプに行ってます。
    お問い合わせはこちら